担当とは

「担当」

 

そうは言っても、人それぞれに定義があって、簡単そうで実は難しい。

わたしは、皆様ご存知の通りDDです。一時期「推しは全員担当」とかなんとか言っている時期もありましたが、今担当と言えるのは、NEWS、ジャニーズWEST、そして末澤誠也くんです。掛け持ち・DDが嫌いな方は、自己責任でお願いします。

さて、本題に。「担当」とは何か。末澤くんに出会う前のわたしなら、こう答えていたと思います。

「好きな人」

単純明快。そのグループの中でも、1番好きな人のことを「担当」と呼んで、コンサートではその人の団扇を持って、担当カラーを身につけて、一種の「カテゴリー」として、「担当」を決めていました。だから、DDのわたしにとって「推しは全員担当」となるのは必然のことで、このグループで1番好きなのはこの人、こっちのグループはこの人、という風に決めると、やっぱりDDになっちゃうんです。もちろん、お金が無限にあるわけではないのでお金のかけ方に差はありましたが、自分の欲しいCDやらDVDやらを買って、行きたいコンサートに行って、そんなおたくライフを送っていました。

そんな中、突然の担降り。あんなに大好きだった有岡くんよりも、好きな人ができてしまいました。そもそも「推しは全員担当」の理論でいったら、わたしが担降りするなんてありえないんです。別に「有岡くんも末澤くんも好き」でおさまる話なんです。よく目にする「世界線が違う」というDDのモヤモヤを一気に晴らしてくれる魔法の言葉。好きの方向が違うというか、今のわたしで例えたら、NEWSは「一緒に歩きたい」、ジャニーズWESTは「ついていきたい」、末澤くんは「一緒に追いかけたい」、それぞれにかける想いが違うんです。だから、有岡くんへの気持ちも、末澤くんへの気持ちも、「世界線が違う」で片付くはずだったのに、何かのイタズラなのか、そう簡単にはいきませんでした。有岡担の時は、もっと顔が見たいもっと声が聞きたい、そう思ってCD DVDを集めて、コンサートにたくさん行って、満たされていました。でも末澤くんを好きになって、自分が「見たい」ではなく、「魅せられたい」と思うようになりました。それが、担降りの原因だったのかもしれません。

ファンレターを書く意味、雑誌や番組に感想や要望のお手紙を書く意味、会場のどこにいても「担当」の名前団扇を持つ意味、応援する意味、今まで知らなかったたくさんのことを、末澤くんを好きになってから知ることができました。「想いを声にする」、「存在を形にする」ことがこんなに大切なんだと実感しています。正直、楽しいことと同じくらい悔しいこともたくさんあって、デビュー組を追いかけている時とは比べものにならないくらい、感情が忙しいです。それでも、「この人を応援したい」と思わせてくれる末澤くんに、ついていきたいと思ってしまいました。

 

だから、わたしにとって「担当」とは

 

「魅せてくれる人」

 

です。

自分が「見たい」人ではなく、「魅せられたい」と思わせてくれる人が、わたしにとっての「担当」なんだと思います。

 

それは、歌なのか、ダンスなのか、夢なのか…。

 

end.