私の好きな君だから

ぬるま湯に浸かるオタク(チビ専)

有岡大貴に言って欲しいセリフ 5選

 

さてさて!!!有岡大貴に言って欲しいセリフ5選のお時間がやってまいりました!!!!設定別に、独断と偏見で5個のセリフを考えたいと思います!!!どれか1個でも気に入っていただければ幸いです!!!

それではどうぞ!!!

 

 

01.

幼馴染みの大ちゃん。ちっちゃい頃からずっと一緒にいてなんでも言い合える、そんな関係の彼には、大学のサークルの先輩が好きなことはとっくにバレてて、ある日突然「お前、〇〇先輩のこと好きだろ?(笑)」って。さすがだよ、お見通しじゃん。でも実はその先輩には彼女がいて、それを後から知ったわたしはヘコむんだけど、そんなのもすぐにわかる彼は、突然わたしを飲みに誘う。いい感じで酔っ払った帰り道、少し前を歩く彼が振り向く。「まったくもう〜〜!なんで気付かないかな!俺なら絶対そんな顔させないし、だから、俺にしとけって!な!」ニコニコしながら髪の毛をわしゃってする。「え…っと……、大ちゃん…??」ってキョトンとしてるわたしを見て、どこで覚えたかもわからない、いつの間にか大人の男になっていたことを思い知らされるスマートなキス。そして一言、「…これでわかった?」ハイ。一気に友達以上。意識せざるを得ない。酔いなんてさめるよね。これが彼の実力です(?)。

f:id:nkeswtsy-4fan:20160712111631j:image

 

 

02.

息子が生まれて5年。今日は天気も良いのでピクニック。どっちが息子かわからないくらいはしゃぐ旦那(笑)平和だな〜なんて思っていると、2人が走ってわたしのもとへ。すると息子が、「オレ、将来ママと結婚する!」って。なんて可愛い息子!!デレデレなわたしは息子の前にしゃがんで、「ママと結婚しよっか!」って頭をなでようとすると、大ちゃんに手を掴まれ、息子に向かって一言、「ママはもうパパのものだからダメです〜」「えーーーいいなパパズルい!!」っていう息子の声を聞きながら、旦那の横顔から目が離せなくなるよね。勝訴。息子にすら譲らないうちの旦那。好きしかないありがとう結婚してよかった。

f:id:nkeswtsy-4fan:20160712213838j:image

 

 

03.

 最近付き合い始めた2つ上の彼。一緒にごはんを食べていると、「そろそろ先輩じゃない呼び方にしてよ〜(笑)」って。気さくな人だから、普通の先輩よりは絡みやすくて、敬語をなくすのはすぐに出来たんだけど。。『だって恥ずかしいじゃん〜、例えば?』照れ屋なわたしを照れさせるのが得意な彼は、「そうだな〜〜呼び捨て!」ってニコニコしてる。恥ずかしいって否定すれば、「え〜〜〜いいじゃんほら、とりあえず呼んでみ?」クリクリした目で見つめてくるから仕方ない、、、『………だい、き……くんっ』つい、君付けで呼ぶわたし。「ダメ!もう1回!」ん〜〜スパルタ!半ば顔を隠しながら『……だい、き……』と呼ぶと、顔を隠す手をどけて、笑顔で頭ぽんぽんしながら一言、「よくできました」お察しの通り、また顔を隠すわたし。まあそうなるよね。ズルいよ。

f:id:nkeswtsy-4fan:20160714150654j:image

 

 

04.

体調悪いなりに頑張って授業を終えて学校から出ると、雨が降っている。『うわ〜〜傘忘れた〜〜』そんなわたしを見透かしたように電話が鳴った。「あ、もしもし?今、学校の門のところいるから、走ってきて!(笑)」 電話の主は、同じ大学の彼。優しくて気も利いて、自慢の彼氏。門まで走ると、傘を差した彼が待っている。『大ちゃんごめんね〜なんで傘ないのわかったの?』とたずねれば、「傘置きっぱなしになってたから(笑)」って。「じゃあ帰ろっか!」そう言って、彼の車に乗り込む。家に帰って靴を脱ぐといきなり、お姫様抱っこで部屋まで運ばれるわたし。『えっ…ちょ、大ちゃん!?』そんなこんなで、ベッドに寝かしつけられる。素早く冷えピタを貼って、体温計持ってきて、スポーツドリンクを飲ませる大ちゃん。「お前今日熱あるだろ?あんま無理すんなよ〜、ほら早く熱測って。」体調が悪い素振りなんて見せてなかったから、なんでわかったのか不思議で仕方ない。『なんでわかったの!?』そうたずねると、ベッドの横からわたしのおでこに手を当てながら一言、「バーカ、当たり前だろ。俺らどんだけ一緒にいると思ってんの(笑)」ハイ。ですよね。お見通しですよね。「ちゅーして移す?(笑)」なんて無邪気な笑顔見せられたら、余計熱上がりますよね。

 f:id:nkeswtsy-4fan:20160714170751j:image

 

 

05.

今日も大ちゃんは残業らしく、帰ってくるのが遅くなるから寝てていいよっていうメールが来たところ。寝る準備を済ませて、ベッドでゴロゴロしてると、鍵のあく音が。ふと、寝たふりをしてビックリさせよう!という作戦を思いつき、寝たふりをして、寝室に入ってくる大ちゃんを待つ。ガチャ、とドアが開く。「ただいま〜……ってやっぱり寝ちゃったか」残念そうに呟いて、静かに部屋に入ってくる。スーツのジャケットをかける音が聞こえる。どうやっておどかそうかな〜って寝たふりをしながら考えていると、不意に唇が重なる。まさかの出来事に驚いて目を開けると、ニコニコしながらわたしの足の上に乗る大ちゃんが。「やっぱりな〜(笑)ルンルンしてるのが伝わってきたよ(笑)」って。『もう〜わかってたなら声かけてよ!?』って抗議すると、笑って、ごめんごめんって。『大ちゃんお風呂入るでしょ?わたし寝るから〜おやすみ………』って寝ようとするわたしに一言、「なーに言ってんの、夜はこれからでしょ?」ほら、これ絶対ネクタイ緩めながら、不敵な笑みを浮かべて言ってるよね〜〜この後はご想像にお任せします。(自粛)

 f:id:nkeswtsy-4fan:20160714153640j:image

 

(最後の画像は悪意あるよね、自粛したから許して)

 

さてさていかがでしたでしょうか!?

5個も選びきれなくて、苦戦しました。有岡大貴の力恐るべし、、、リベンジします(笑)

見に来てくれた方々、ありがとうございました!(^ω^)

 

わたし的ジャニーズシャッフルメドレー

 

先日のThe Music Day、みなさんもちろん見ましたよね。オタクなら誰でも楽しめる、夢の共演、その名も"ジャニーズシャッフルメドレー"。そんな夢の詰まったメドレーを、ただの自己満で考えてみました。ちなみに、メンバーは7/2に放送されたメンバーと同じです。また、知ってるグループと詳しくは知らないグループでかなり差があるので(NEWS、JUMP、V6、WEST以外)、その辺は大目に見てください!!そして、メンバーカラー間違えてても教えてください(笑)

 

それでは!!!!夢の共演!!!

ジャニーズシャッフルメドレーです!!

どうぞ!!!!!

 

 

①WISH / 嵐

堂本剛

加藤シゲアキ

岡本圭人

マリウス葉

藤井流星

1曲目は、誰もが知ってる嵐の爽やかソング。メンバーカラー、緑の人が2人、青が2人……爽やかさMAXじゃん……(ガチで偶然)。岡本圭人マリウス葉藤井流星フレッシュさはもちろん、堂本剛の伸びのある歌声、加藤シゲアキの爽やかな笑顔。みんな正統派ジャニーズってかんじだよね。「君を愛し続ける」こんな歌詞を歌われた日には、全わたしが爆発してしまう。わたしの願いを叶える、まさしくWISHなメンバー。

 

②罪と夏 / 関ジャニ∞

国分太一

井ノ原快彦

二宮和也

菊池風磨

小瀧望 

2曲目は、最近発売された関ジャニ∞のアゲアゲサマーソング。これは、ただおじさんたちがはしゃいでるのを見るためだけのキャスティング(笑)国分太一井ノ原快彦を筆頭に、素晴らしくふざけた曲になる模様。二宮和也もはしゃいでるのを見たい。菊池風磨小瀧望は、おじさんたちに交ざってキャピキャピして欲しいし、ちょっとチャラめな歌を歌って欲しいっていう願望。

 

③カナシミブルー / KinKi Kids

城島茂

岡田准一

小山慶一郎

丸山隆平

伊野尾慧

濱田崇裕

3曲目は、これまた有名なカナシミブルー。"普段は、イケメン担当というよりは、おちゃらけてたりテキトーだったりするけど、真剣な顔したらかっこいいんだよ"っていうのがテーマ。正直、小山慶一郎にこれを歌わせたいっていうのが大きい。岡田准一は実際イケメン担当だけどさ、相当楽しい人だからここの枠に入れました(?)。丸山隆平伊野尾慧、濱田崇裕、この3人にこの歌歌わせたら最強だと思いません?ギャップが激しすぎてクラクラする。

 

Air / V6

山口達也

櫻井翔

大倉忠義

有岡大貴

佐藤勝利

重岡大毅

4曲目は、V6を少しかじれば誰もが口を揃えて絶賛する名曲。ぜひダンスも込みで披露して欲しい。「世界の誰よりも 愛するから」こんな真っ直ぐな歌詞が似合う、誠実そうな人たちを集めてみました。メンバーカラー赤が多いね。みんな笑顔がステキ。ニコニコしながら歌ってくれたら申し分ありません。見せ場は有岡大貴でお願いします(贔屓目)。そう、君(たち)の笑顔にありがとう。

 

⑤きみへのメロディー / ジャニーズWEST

長瀬智也

森田剛

錦戸亮

山田涼介

中島健人

5曲目は、ジャニーズWESTの至極のバラード。「好きだよ 好きだよ 君のことが」これを歌うのにふさわしい歌唱力、歌う姿が画になる5人を選びました。各グループを引っ張っている、力強い5人だからこそ伝わる、真っ直ぐな歌詞。惚れるしかないよね。大サビは、僅差で森田剛(これも贔屓目)。山田涼介中島健人のデュエットに期待できる1曲。

 

BAD BOYS / Sexy Zone

三宅健

手越祐也

安田章大

八乙女光

高木雄也

神山智洋

6曲目は雰囲気をガラッと変えて、SexyZoneのアップテンポナンバー。手越祐也を始め、強めに攻めた表情が印象的な人を集めました。確かな歌唱力で歌い上げて欲しい。手越祐也三宅健のコラボが見たいのと、手越祐也神山智洋の歌い方が似ていて、声質が合いそうだから一緒に歌って欲しい、というのが個人的な意見。曲中のBAD BOYSは、神山智洋に言って欲しい。絶対上手い。

 

⑦BYAKUYA / NEWS

堂本光一

大野智

横山裕

薮宏太

松島聡

桐山照史

7曲目は、NEWSのダークな1曲。以前、少年倶楽部松島聡がBYAKUYAを歌っていたのを思い出し、1番最初に決定。ダークでセクシーなこの曲をしっかり歌い上げて欲しい。ついでにガシガシ踊ってください。個人的には、桐山照史がこの曲を歌うとどうなるのか、というのが気になる。ぜひとも、最後の「BYAKUYA」で決めポーズをお願いしたい。

 

⑧キラキラ光れ / Hey!Say!JUMP

松岡昌宏

長野博

相葉雅紀

増田貴久

村上信五

8曲目は、Hey!Say!JUMPの爽やかソング。これもまた、おじさんたちがはしゃいでるのを見るためだけのキャスティングシリーズ第2弾(笑)振り付けもしっかりやって、横一列で肩に手をかけて踊って欲しい。可愛いしかない。中でも増田貴久は、ツンツンする振りでぶりっこするのが目に見える。可愛いから許す。松岡昌宏が踊るところも見所。

 

⑨Ding-Dong / TOKIO

坂本昌行

松本潤

渋谷すばる

中島裕翔

知念侑李

中間淳太

最後の曲は、TOKIOのDing-Dong。なかなか古い選曲だったかな。でもみんな知ってて、楽しい曲だもんね。「終わらない夢を見よう」ここを坂本昌行が歌っているのが、脳内で勝手に再生されるのはなぜだろうか。持ち歌だっけ?レベルの上手さ。中島裕翔知念侑李、中間淳太、この3人の可愛さを世に広めたい(もうすでにメンバーカラーが可愛いよね)。それが可能な曲。最後はこれを全員で歌います。とてもイイネ。そろそろ年明けるネ。

 

 

あけましておめでとうございます!!!!!年明けました!!!!!!

 

ってくらいの豪華さ。スバラ。

 

さてさて、いかがでしたかシャッフルメドレー。自担贔屓なのはご了承ください(笑)

楽しかった……………今度は各グループで歌って欲しい曲をテーマに書いてみようかな、なんて。

共に同じ方向を見ること。

NEWS LIVE TOUR 2016 "QUARTETTO"

東京ドーム公演、オーラスに参戦してきました。QUARTETTOに参戦するのは3回目。いつも通り緊張しながら、開演15分前に入場。オーラスの好きなところは、NEWSコールが大きいこと。ドーム全体でNEWSコールしてるのを見ながら、このまま時間止まらないかな〜って毎回思う。少し遅れて始まるコンサート。それもNEWSらしい(笑)なんて思ってる間に、幸せな空間へと足を踏み入れる。。。

 

こんなに騒いで、歌って、踊って、ペンライト振り回して、ジャンプして、タオルを回すコンサートは久しぶりだった。1曲1曲全てに思い入れがあって、モニターが切り替わるたびにかっこいい!!って叫んで、演出や照明にさえうっとりして、本当に幸せだった。幸せ以外に表す言葉が見当たらない。近くにいようが遠くにいようが、そこにいてくれるだけで嬉しくて、手振ってくれてるだけで嬉しくて、4人の誠意が伝わってくる、そんなコンサートだった。

わたしが好きなのは、愛言葉。オルゴールで始まる演出もグッズとリンクしててさすがだし、ファン全員でサビを歌うのもすごく幸せで、ファンが歌ってるのを見てる4人も愛おしくて、照明がピンクなのがより一層幸せを引き立てる。本当に思い出の曲。それを東京ドームで歌うからこそ感動して、何より、歌ってる4人の表情が本当に優しくて、ファンのことが大好きなんだなあって伝わってきて、思い出すだけで涙が出てくるほど。さらにまた、大切な曲になりました、ありがとう。

 

最後の挨拶。

皆さんの大切な時間をNEWSに使って下さってありがとうございました。NEWSがこれからどうなってもみんなとの距離は一緒です。いつも近くにいるから安心しろよー!みんなが僕らのことを応援してくれてるように俺らもみんなのことを応援してるから。明日からも頑張れよ!毎日頑張れよー!

 

今日は本当にありがとうございました!2年連続2日間ドームに立てて本当に、夢のようでした。ほんとにほんとに連れて来てくれてありがとうございました!またすぐ皆と会えるように日々頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。ほんとに楽しかったです、ありがとうございました!

 

ありがとうございました!慶ちゃんが言ったように、俺らがどんなに上手くいって大きくなっても皆との距離は変わらないようにするし、ドームでこんだけの人に囲まれるのも幸せだけど、皆と近くで会えるアリーナも俺ら大好きなので、これからも皆と一緒に歩いていきたいから…皆ついてきてくれる?あともうひとつやっていい?今日まで全国俺らと一緒にツアーを作ってくれたスタッフの皆さんに大きな拍手!それから来たくても来れなかった…熊本の皆にも大きな拍手を!そして俺たちの宝物、全国のNEWSファンに大きな拍手を!!ほんとに幸せです、ありがとうございました!!

 

もう俺が言いたいこと皆全部言っちゃったよ〜(笑)ふふっ…あ、じゃあ〜小山がいつも言うやつ言うね!…浮気せずについてこいよ!!ありがとうございました!

 

こんな素敵な言葉、涙なしには聞けなかった。ファンへの気持ちがすごく伝わるんだよ。4人の笑顔もほんとに幸せそうで、大好きな空間。

大切な時間を使ってくれてありがとう、明日から頑張って、応援してる、ドームに連れてきてくれてありがとう、俺たちの宝物、浮気すんなよ、

そんなこと言ってくれるジャニーズいるの?わたしは見たことがないよ。その場の勢いとかそんなんじゃない、本当に思って言ってくれてるっていうのがすごく伝わる。これだからNEWSのファンは辞められない。コンサートの至る所に散りばめられた、ファンへの配慮。本当に全員が楽しめるような会場作り。セトリも上手い。NEWSの位置が偏るところには全員が盛り上がれる曲、モニターでも楽しめるようなアイディア、メジャーな曲にはアレンジを、それぞれの個性を生かした衣装、来られなかった全国のファン、スタッフにも感謝の気持ちを忘れないで声をあげる4人、すべてがかっこよくて、本当に自慢の4人です。ずっと応援してきてよかった、ついてきてよかった、これからも支えていきたい、彼らと共に走り抜けたい、そう強く強く思ったコンサート。そして、自分たちファンも、NEWSの自慢のファン、どこにいても褒められるファンを目指していくべきなんじゃないかな。こんなにNEWSが幸せをくれてるんだから、するべきこと、しちゃいけないことは明瞭。みんなで良いファンになれたらいいな。

 

これからもついていく。NEWSという物語を一緒に作って行こう。不安なんてない、雨だった空はいつの間にか快晴。大丈夫。いつでも本気の彼らには、最強の味方がついています。いつもいつも、幸せをありがとう。愛しています。

 

愛することはね
それは見つめ合うことではなく
共に同じ方向を見ることなんだよ
君なら 分かるだろう?

担当の変遷

この前の長々とした重い記事のあとは、少しアホらしい、誰も求めてないであろうわたしの担当の変遷を書きたいと思います。(笑)幼少期から順を追って書いていこうと思うので、お付き合いください(笑)

"1番最初は三宅健"って人、結構いっぱいいるんじゃない?(笑)みなさんご存知、伊東家の食卓で「このお兄ちゃんかっこいい…」と子供ながらに惹かれました。母と一緒に見て、このお兄ちゃんかっこいいね!って毎週言ってた気がする。これでCD買ったりコンサートに行ってればファンになったんだと思うけど、母はジャニーズのファンじゃないし、ファンになる術も知らず、ただお茶の間に留まりました。(のちにまたハマるとは、、、)

次は亮ちゃん。アテンションプリーズで見た亮ちゃんに一目惚れ、、、。考えすぎて夢にまで出てきたことも。ちなみに、一緒に自転車に乗る夢(笑)まだ覚えてるくらい、なかなか衝撃的だった(笑)この前久しぶりにアテンションプリーズの動画とか画像漁ったら、めちゃくちゃ懐かしくて、亮ちゃんんんんってなった。でも、NEWSとかエイトを見るわけでもなく、これもただのお茶の間に留まる。

はい来ました。野ブタプロポーズ大作戦ブザービート、この流れ天才すぎて、落ちない人いないんじゃない!?ってくらい好き。どれも毎週見てたし、やまぴーかっこいいなあ〜ってずっと学校で友達と話してた(笑)ここでも、NEWSを見るわけでもなく、お茶の間。(ジャニオタのなり方って、案外わかんないよね)

ここで無理やり照史くんをねじこませるのは、もちろん最近WESTにハマってるから(笑)月9「流れ星」に出演してた照史くん、この人かっこいい…って思ったものの、どこの誰かもわからず、母にジャニーズじゃない?って言われて、そうなんだ〜ってかんじで、特に進展もせず(笑)正直あんまりジャニーズ好きじゃなかったし、ジャニーズJr.とか興味なかったから仕方ないんだけど、今思えば、Jr.も少し見ておけば良かったなと後悔。。。久しぶりに動画探してみようかな〜〜

さてさて、ここでようやく手越さん。忘れもしない中学3年生の冬、世界の果てまでイッテQのダムバンジーの回。CMで見て、ジャニーズ好きじゃなかったわたしが「これめっちゃかっこいいやつじゃん!?」と思ったらしく、初めてイッテQを見る。小さい頃から、王子様みたいな人が好きで、当時のイッテQはまだ彼を"孤高のアイドル"と称し、かっこいい王子様路線で売っていた(今とは真逆)。編集もかっこよく仕上がっており、顔も文句なし。さらには、高所恐怖症ながらダムから飛び降りるという、なんとも勇敢な姿に心を打たれ、気付いたら落ちていた。調べていくうちに、彼は歌が上手いということがわかり、NEWSとテゴマスの曲を聴きながら毎日を過ごす。「あ、この声手越くん!♡」(今とは大違い)とか、「これはまっすーで、これやまぴーで、これが亮ちゃん、かな?」(正直こやしげは知らなかった)なんて考えながら、気付いたら全員好きになっていた。

意外だと思うかもしれないけど、藤ヶ谷さんにも落ちてます(笑)高校3年生の冬(もろ受験期)に、気になっていた男の子がいました。わたしは女子校だったので、塾にいた1つ下の後輩。ジャニオタの友達いわく、彼は藤ヶ谷さんに似ているようで、とりあえずキスブサ見てみ!と半ば脅され、勉強の合間に見てみることに。実際そんなに似てるとは思わなかったけど、キングの実力を目の前に、簡単に落ちてしまいました。前述した通り、王子様みたいな人が好きだったので、まあ妥当だよね( ) そしてもう一つ、キスマイの曲がドンピシャで好きで、藤ヶ谷さんの声も好きで、受験期にもかかわらず、普通に掛け持ちを始めました(笑)デビューした時にはなかなか貶してたのに…ごめんな…(笑)(のちに北山担になるとは思ってなかった)

さて安井さんの登場です。藤ヶ谷さんの出演する"仮面ティーチャー"、確か金曜ロードショーの特別編みたいなやつに出てた安井さん。さっきの、わたしにキスブサを勧めてきた友達が、安井くんかっこよかった…なんて言うもんだから、つい注目しちゃったよね。なんかもうとりあえず可愛くて、動画を漁る。実はかっこいいじゃん。ダンス上手いじゃん。ギャップに弱いわたしは一発K.O.。でも、Jr.の現場に行くわけでもなく、少クラ見るわけでもなく、ただ画像集めて、動画見て、ってかんじだけど、今までずっと続いてるから割とすごいなって思います、ハイ。(笑)

あれ?と思った人。そうです、最初は山田担なんです(笑)大学1年の夏、NEWSが出演するTheMusicDay、それのジャニーズメドレーにももちろんNEWSは出るわけで、なんの気なしに見る。Love so sweatがかかる。パッと映る金髪のイケメン。それが山田涼介(グラスホッパーのビジュ)。第一印象は「山田くん!?金髪!?」ってかんじで、つい彼を見てしまったのがいけなかった。初めて掛け持ちとして見た高校3年の時のカウコン、つい他のグループにも目がいってしまう。薮くんと裕翔のかっこよさに気付き、年明けからずっと気になっていたHey!Say!JUMP。そのセンターを任されている完璧な彼に、不覚にも惹かれてしまった。何度も言うが、王子様みたいな人が好(略)。そしてもう1人、目に入った人がいる(それが今の自担)。彼は、デビューした時から母と親友が好きと言っていた人で、当時は全然良さがわからなかったのに、その時見たらなんだかすごく可愛く見えて、山田くんの次は大ちゃん!なーんて安易な気持ちで沼に踏み入れたのだった…。

  • 有岡大貴
(最大の沼)
山田と大ちゃんの出演する"金田一少年の事件簿Neo"、もちろん毎週録画で見て、山田くんかっこいい〜なんて大学の友達に画像を見せる日々。しかし、山田寄りのありやま担を名乗っていたわたしに転機が訪れる。ヒルナンデスを録画するようになり、Hey!Say!JUMPのDVDも何枚か買った頃、気付いたらなぜか大ちゃんしか見えなくなっていた。友達に相談すると、「でも、有岡担っぽいよ?(笑)」なんて言われ、余計に拍車がかかる。大ちゃん寄りのありやま担に変更して臨んだsmart@横浜アリーナ、ここでも気付いたら大ちゃんを目で追っていて、やっぱりわたしは有岡担なんだと自覚。そこからは早かった。どんどん大ちゃんに落ちていく、現在進行形。去年のJUMPingCARnivalからはどんどん重くなり、苦しいくらい好きで好きで仕方ない。こんな感情は初めてで、正直意味わかんないです(笑)これからもどんどん好きになっていくと思うと気が遠い………

ここで来る北山さん。ずっと藤北が大好きで、どんな時でも藤北!!な、藤北厨だったわたし。ただ、JUMPへの気持ちが大きくなってしまい、キスマイは降りることに。それでもやっぱり気持ちは消えないわけで、ついつい曲聴いたり、コンサートに行ったりと、なんだかんだ引きずっていた。毎週キスブサは録画して見ていたわけだが、ふと、みっくんがかっこよく見える瞬間があった。小さくてチャラい人が好きだ、ということがわかってきた頃だったから余計にかっこよく見えたのかもしれない。キスマイのDVD見ても、みっくん…ってなることが多くなって、もう一回北山担でいけるんじゃないか!?って思うくらい気持ちが復活した(笑)DDを極めつつあったわたしは、ゆるゆる北山担になったのだった…。
さて三宅さんまたまた登場(笑)きっかけはなんだったかな…おそらく24時間テレビの影響が大きい。番宣のため、いろいろな雑誌に載るHey!Say!JUMPとV6。健くん全然変わらないな…やっぱりかっこいい…そう思いながら、気付いたら気持ちが復活。スマホの充電が切れるまで画像を保存し続けたこともあったな〜(遠い目)。この人も小さい。そして、"人たらし"の異名を持つ彼。アイドルだけど、アイドルっぽくない人間味を感じて、どんどん落ちていった。同時に森田剛にも惹かれ、剛健の沼にハマった次第である。

  • ジャニーズJr.
少年倶楽部を見始めたのがいけなかった。Jr.なんて誰が誰だかわかんないわ〜とか言いながら毎週見る。最初は安井目当てで見てたけど、だんだん他のJr.の名前も覚えてきて、区別もついてくる。みんなかっこいいね!?ってなる(誰もが察していたであろう)。特に神宮寺勇太、つい見ちゃう、あざと可愛い。確か、彼の初地上波の番組が、たまたまテレビをつけたら始まって、お!神宮寺じゃん!なんて思ってたのも束の間、バラエティー番組にもかかわらず、テレビに手を振ってくる彼。思わず手を振り返しちゃったよ…。年下なんかハマらないから!なんて言ってたわたしはどこに行った。。。ほんとにDD極めすぎて、もう収拾がつかなくなってきた(笑)

彼らがデビューする時から、この人たち絶対ハマっちゃうから、見ない!と決めていた。しかし、いつからか興味がわいてきて、気付いたらコンサートに入ってた(笑)案の定すごく楽しいコンサートで、今のうちにハマりたい…と何度思ったことか(笑)とにかくギャップがすごい。面白い人たちっていうのは間違いないんだけど、踊らせたら上手いし、歌わせても上手いし、とりあえず落ちる沼がそこらじゅうに広がってる。。。照史くんと神ちゃんが気になってて、担当決めようと思ってコンサート入ったのに、まんまと全員に魅せられて終了。結局決まらない(笑)誰かわたしを落として(笑)そんなこんなで、パリピポのDVD買いました(突然のデレ)。見て、もっと勉強しよう〜っと(笑)



とまあ、こんなかんじですけど(笑)すごいね!自分でも引くくらいDDだね!怖い!wwwこんなわたしです、なんかしらジャニーズの話をすれば釣れると思いますので!(笑)なんでも話しかけてくださいな(笑)

Hey!Say!JUMP図鑑 〜サークルの先輩編〜


たまには楽しい記事も書いてみたいよねってことで、
題して
Hey!Say!JUMP図鑑!
〜サークルの先輩編〜 
JUMPくんたちが同じ大学の先輩だったら!という妄想のもと、勝手に始めます。架空のサークルですのでご了承ください。設定も本人とは違うこともあると思いますが、あくまで妄想なので、そこらへんはお付き合いください。呼び方も先輩っぽくしてみるか。学年的には、自分は2年、7は3年、BESTは4年、っていう設定にしようかな。では、早速。

山田涼介

王道のサッカーサークル。真面目でサッカー一筋。美しすぎる先輩として女子に崇拝されており、ファンクラブができるほど。(通称YFC) マネージャー(女子)が多いのなんの。とりあえずキレイだよね。女子が群がる中、山田先輩は知念さんの渡すタオルを受け取っている模様。あれいつの間に。知念さんマネージャーだっけ?でも、イケメンのくせに女の子は苦手。取り囲む女子たちから逃げる日々。1個上のBEST先輩から、「1人ずつ紹介してよ〜」なんて言われてるらしい。それにお酒も苦手。飲み会はいつもすぐ潰れて寝てます。みんなイケメンに呑ませたがって、山田先輩も断れないから呑んで、すぐ潰れる(笑)潰れてても美しいとの報告が多数寄せられております。ですよね。


知念侑李

サッカーサークルのマネージャーかと思いきや、バスケットボールサークルのマネージャーらしい。マネージャーだからと言ってなめたらあかんで。有岡先輩の裏で糸を引いているのは知念さんだという噂がちらほら。有岡先輩も、いつも知念さんには頭上がらないかんじだし、「知念〜」っていつもいい子いい子してるイメージ。じゃあ、この前の山田先輩にタオル渡してたのはなんなんだ!?サッカーサークルに何か仕掛けてるのか!?(陰謀) 基本的に誰からも可愛がられる人気者、おそらくそれは知念さんの思うツボ。知念さんの行動には、すべて策略が組み込まれていると思った方がいい。でも可愛い。だから許しちゃう。そんな循環にハマったら、ほらもう手遅れです。飲み会でも、いろんな人に呑ませてばっかりで、みんなが酔っ払ってるのを見て1番楽しんでるご様子(笑)さすがです。


中島裕翔

多才な裕翔さんは、光先輩と同じバンドサークルと、写真部に所属。真面目で好青年、誰からも好かれるルックス、紳士的な性格、スポーツから音楽から勉強からなんでもできる、先生ウケさえも完璧、なんでもこなすスーパーボーイ。常に女子からキャーキャー言われる王子様。バンドサークルでは、ドラムの神と呼ばれる。それもそのはず、圧倒されるほどのドラムの上手さ。かと思えば爽やかな笑顔で名前呼んでくれる、そんな彼に惚れないわけない。この前の飲み会、光先輩とショートコントやったらしいよ。写真部では、コンクールで最優秀賞取るほどの腕前。レンズを覗く彼もまた素敵。Twitterよりは、インスタグラム派らしい。この夏は、そんな彼と恋をしてみない?(恋愛ゲーム風に)


岡本圭人

心優しい岡本先輩は、ボランティアサークル。見るからにいい人で、困っている人には手を差し伸べてあげたい、人の役に立ちたい、そんなことをモットーにしてるらしい。中庭のベンチに座って本を読む、癒し系イケメン。見ていてこっちがいい気分になれますありがとうございます。それでいて英語がペラペラ喋れるなんて、ギャップにもほとがある、ずるい。イギリスに留学していたからか、行動のすべてがジェントルマン。女の子が喜ぶことがすんなりできる、ただ本人からしたら無意識。気付かないうちにモテる。いろんな子に告白されても、可哀想で断ることができない。飲み会では、全然酔っ払わないし、必ず介抱係。こんなに優しい人いるの…。


有岡大貴 

バスケットボールサークル(やばいと噂の飲みサー)の代表。見た目はチャラチャラしているが、まあチャラい。(笑)このサークルはマンモスサークルで、飲み会は100人にもなるらしいよ(どこでやってるんだろう)。背は小さいけどバスケはズバ抜けて上手くて、飲み会の盛り上げもしっかりできて、なんとも頼れる代表。必要とあらば、呑む、呑む、呑む、さらには脱ぐ。そのために筋トレしてるってのはここだけの話、この前伊野尾さんと話してるの聞いちゃった。女の子の扱いも非常にうまい。年上にも年下にもモテる。新入生の女の子たちにすっげー優しい。お酒は少しだけ注いで、無理だったら代わって呑む。有岡先輩お酒は強いらしく、滅多に潰れてるの見たことないけど、1回調子乗りすぎて潰れてたな。必殺技は、試合中にユニフォームの裾で額の汗を拭うこと(世に言う腹チラ)。


八乙女光

光先輩は、裕翔さんと同じバンドサークル。ベースの神。いろんなバンドに引っ張りだこで、断れないから全部入る。どこでも必要とされてて、たくさんの後輩が「教えてください!」って光先輩に言ってるのを何度も見た。愛想とノリが完璧で、いつも笑顔、自然に人に好かれるタイプ。みんな光先輩のことを慕ってて、嫌いって言ってる人見たことないな。飲み会ではもちろん盛り上げ担当。ここでも力を発揮。この人がいれば間違いない、百発百中。飲み会の神。酔っ払うと、ちょっと可愛い面が出てきて、それがまた女子のツボらしい。ただ女の子は、猫みたいだから好きじゃないって(勿体無い)。「この前薮がさ〜」、これが酔っ払ったときの決まり文句。光先輩を慕ってると、自然と入ってくる薮さん情報。


薮宏太

薮さんはもちろんサッカーサークル。山田先輩と1位2位を争う実力の持ち主。ポジションはFW。練習熱心なんだけど、サッカー以外のことになると緩い。迷走キャラは大学内でも有名な話。かっこよさとのギャップに落ちる女子多数。高身長スタイル抜群なイケメンのため、街を歩いているとスカウトの嵐。大抵光先輩と歩いているため、薮さんが答える前に光先輩が断るそう。さすが。飲み会では、結構呑むけど酔っ払わない、あんまり女の子とも関わらないイメージ。ただ人気は絶大。薮さんと山田先輩、2人で"凸凹コンビ"と呼ばれている(割と普通)。意外な特技は歌。たまたまサークルのみんなで行ったカラオケで、本領発揮したらしい。


伊野尾慧

なんと、化学研究部どんな活動をしているのかはイマイチわからない。たまに全く関係ない活動してるらしい、この前は星見に行ってた。伊野尾さんはいつも白衣にメガネ。この格好だけど、地味ではない。不思議なオーラと独特の喋り方のおかげなのか友達は多くて、廊下で人とすれ違うたびおしゃべりしてる。しかし、不思議な雰囲気とはウラハラに、しっかりした考えの持ち主。想像以上にオトナ。隠れファンが多そう。何考えてるかはわからないけど。今年の新入生、割といっぱい入るらしいね。サークル紹介で、伊野尾さんが笑いとってたからかな。去年のサークルの新歓は、いいかんじに酔っ払ってへらへらしてたな。「オレほんとは全然酔っ払わないんだよ〜!」って楽しそうに叫んでたわ。ちなみにトランプ弱かった(蛇足)。


高木雄也

高木先輩は、マリンスポーツサークル。サーフィンとかその他もろもろ(主にサーフィン)。学校にサーフボードとか持ってきて磨いてる(何しにきてんの)。授業で見かけることはほぼない、単位取れてるのかな大丈夫かな?割とその辺みんな心配してる。このサークルの人、みんな見た目はチャラそうだけど、全然チャラくない。優しいお兄さん。特に高木先輩は、ギャップが激しい。飲み会のときも、大丈夫?っていろんな子に声かけてたし、かばって呑んでるところも見たな。サークル紹介でのあのイケボにやられて何人か入ってると見た。サーフィン大好きで、Twitterにもしょっちゅう海の写真あげてる。それがまた絶景。女子力高めなところある。冬は何してるんだろう高木先輩。


さて!!!いかがだったでしょうか!!!書きながら楽しくなっちゃって、飲み会したくなった(笑)自担に甘いのはご贔屓に(笑)

読んでいただき、ありがとうございました(*^-^*)

重い話。


いつからだろう、わたしの心の中が、こんなにも彼でいっぱいになったのは。

なぜだろう、こんなにも好きで大好きで、苦しい程に彼を想っているのは。

アイドルへの恋愛感情なんて、中学生で捨ててきたと言ってもいいくらい、持ち合わせていなかった。だって、どう考えても無理。もちろん中学生の頃は、手越さん一筋で、本気愛だのなんだの言ってたけど、まあ時間が経つにつれ、手越さんに対してはアイドルとしての好きだということに気付き、本気愛なんて馬鹿らしい〜とまで思っていた。

そんなわたしに、なぜか舞い降りてきたのが彼、有岡大貴。デビュー当初の印象は、普通のイケメン。なんとも思ってなくて、強いて言うなら、ママと親友が好きな子。

しかし、気付いてしまった。

大学1年の秋。JUMP担にも慣れてきた頃、気付いたら彼しか見えなくなっていた。可愛くてかっこよくて、こんなにも魅力のある人なんだと…。そして、もっと大きなことに気付く。本当に好きなタイプ。ちっちゃチャラくて、でもしっかり考えてて、ギャップがあって。わたしの好きなタイプが有岡大貴に当てはまっているのか、それとも、有岡大貴のせいでわたしの好きなタイプが変わったのか、どっちかはわからないけど、とにかく好きで、目が離せない。

ただわたしはド新規なわけで、まだ約2年。仲の良い子はみんなデビューから応援してて、それを負い目に感じることは多々ある。元々新規が好きじゃないから、自分が新規なのは慣れていない。わたしが知らないJUMPをみんなは知ってて、勝算はない。だから余計に悔しいけど、歴なんて悔やんでも変えられなくて、当時リアルタイムで見てないからやっぱり新規の肩身は狭くて。それでもどんどん好きになっていく、わたしの気も知らないで。どうしようもない。

半年前にリア友といろいろあってから、わたしの心の支えはジャニーズだけになったわけで、それがより一層オタクを拗らせた原因だろう。彼氏どころか友達もいなくなり、オタクの友達に支えてもらう日々。そんなわたしを救ってくれるのはやっぱり彼らで。気付いたらDVDも全部集め、PVすらも集め出し、どこかの神様かのようにすがる。アイドルはただのアイドル。そう断言していたわたしが崩れ始める。毎日のストレスと将来への不安、自己嫌悪。メンタルの弱いわたしへの打撃は、相当大きかった。ジャニーズに逃げるしかない。ひたすら現実逃避。わたしの生きる希望。生きる意味。ジャニーズのいない生活なんて考えられない。

でもやっぱり、どこかで区切りをつけなきゃいけない時は来るわけで、それが今なのかもしれない。ずっとぬるま湯に浸かり続けたいのだが、そんなわけにはいかない。ただ、こんな状況でオタクをやめる勇気もない。どうすればいいのか。いいバランスでオタクができればよかったのに。迂闊に足を踏み入れた沼から、抜け出せなくなってしまったらしい。飲み会でオタクを否定されてから、ジャニーズオタクである自分と向き合ってきたが、彼らがいなくなったら、わたしはどうなるのだろう。確実に抜け殻。

このままオタクを続けてもいいのか。何もない自分が嫌で嫌で、どうしようもなくて、これから先が見えない。毎日、罪悪感に苛まれながら生きています。でもやっぱり彼らが大好きで、これからも彼らのために生きていくんだと思う。好きなものは好き。ジャニーズとのバランスを考えながら生きていこう。


そんな、重い重いオタクの話でした。


有岡大貴に落ちた話。


明けましておめでとうございます。新年早々、有岡大貴に侵食されているオタクです、どうも。(笑)今年も彼に貢いでいこうと思う所存であります。

先日、京セラドームで行われたJUMPくんのコンサートに行ってきました、30日に。元々行くつもりなかったのに、友達に余ってるけど…と言われた時に、行きたいと思ってしまったわたしは、すぐに夜行バスを往復で予約して、譲っていただきました(笑)この前の10月の横アリ公演からJUMPくんに気持ちが傾きつつあり、ここ2ヶ月ずっと大ちゃん大ちゃん言っていました、もうその時点で半分くらい落ちてる( )


さて、そんなこんなで12/30はあっという間に来るんですね。朝夜行バスを降りてまず、ここどこ!!??とピンチに(笑)フォロワーさんと駅員さんに助けられ、無事に到着。グッズに並んだことで時間はどんどん過ぎ、気付いたら開演30分前。いよいよ初京セラドームの中へ。席に感動しているうちに始まる(笑)なんも心の準備できなかった(笑)

こんなに複雑な感情が溢れたコンサートが、今まであっただろうか。黒髪パーマ有岡大貴の力は無限大で、果てしなくかっこいい。1人参戦だったけど、大ちゃんかっこいい…(泣)ってずっと言ってた(笑)彼らが近くを通るたび、新調したファンサうちわを握りしめ、あわよくばわたしを見てくれないかと神に祈り、そしてついに、ファンサうちわを持つようになって初めて、ファンサをもらえた(気がする)のだ。大ちゃんと裕翔。

しかし、ここからが問題。ファンサなど興味なかったわたし。コンサートにファンサもらいに行ってるわけじゃない、そんなことを言っていたわたしが、10月の横アリ公演のときに、せっかくいい席だから、と初めてファンサうちわを作り、今回も新しいうちわを作り……。いつからこんなに欲張りになったのか。しかも今回、実際にファンサをもらってしまった。大好きな人に。これはある意味事件。次もファンサ欲しいし、こっちを見て欲しい、近くで見たい。彼のどんな一瞬も見逃したくない、すべてを目に焼き付けたい、大好きな彼をこんなに近くで見てしまったわたしはもう、後には戻れない。

これからわたしは、増やす予定のなかった名義を増やして、構ってもらえるようなうちわを考えて、JUMPくんの熱量を増やしていきます(前からほぼJUMPだったじゃんか)。有岡大貴に落ちていくわたしを、どうか見守ってください( )