1年が経ちました。

タイトルの通り、末澤くんのことを好きになって1年が経ちました。

前回の記事でも書きましたが、2017年は凄まじい年で、中でもやっぱり末澤くんなしには語れない1年です。忘れもしない、2017年のまいジャニ新春スペシャル。ラキセでまとくんに落ちたわたしは、途中まで当然のようにまとくんを見てました。そして、最後の種目のリレーで事件は起きる。何度も言ってますが、走る末澤くんがかっこよすぎて!!!バトンをもらうところから、バトンを渡すところまで、ずっとかっこいい!!!これは体育祭か!?!?なんだこれ、恋!?!?って、気づいたら末澤くんを見ていました。(「小学生低学年か」っていう意見は受け付けます)そのあと、気づいた時にはカメラロールに大量の末澤くん。軽率を極めていたわたしにとって、推しを増やすことは簡単です。呑気に画像と動画を漁って、めでたく推しが増えました。ちゃんちゃん。

 

 

 

 

 

 

…まだまだ続きます

 

 

 

 

 

 

 

まずは、何と言ってもなうぇすと静岡と春松竹。どうせ静岡まで行くならと、なうぇすとの次の日に大阪まで行きました with NATちゃん。末澤くんのことを好きになってから、いろいろ漁っていくうちに、もっと知りたい、会いたいって気持ちが大きくなって、テスト期間中に動画見てたなあ(遠い目)。そしたら幸運なことになうぇすと静岡を譲ってもらえることになって、そのまま春松竹も軽率に決めたってかんじです(?)。なうぇすとのバックに来るのか、松竹に残るのか、ずーっとドキドキしながらレポを待った前日。Hairを楽しみにしてたから、ブリュレと聞いた時の複雑な気持ち(結局クソ沸いた)。なうぇすとでも正直末澤くんしか見えなくて、大阪に移動しながらYABAIZO状態でした(?)。そして春松竹。松竹座の2階だったけど、ど真ん中。そのあと、WaterDropで末澤くんがど真ん中に椅子を持ってきて座るなんて、誰が予想したか…。なうぇすとに引き続き、末澤くんのかっこよさとダンスの上手さに圧倒されて、あっという間に終わりました。極め付けは、立ち姿。堂々としていて、「この人についていきたい」と素直に思いました。NATちゃんみんな無事に拗らせて、静岡大阪の旅は幕を下ろしました。

このあと、気持ちが抑えきれなくなり、晴れて末澤担になります。まあ、あんなに苦労する1年になるとは誰も思ってなかったよね…。

末澤担になって、とりあえず夏松竹を楽しみに生きてたわけだけど、まいジャニのショータイムに出ないなあ〜なんて思ってたら、夏松竹のポスターにいないとか(笑)なんか今思い出すと、ああ〜そこらへんからか(笑)ってなるよね(笑)そして、同時期にまるちゃんと関ジュが一緒に目撃されるという事件。ここで浮上する「エイトバック説」。それが浮上することによって、夏松竹不在、少クラin大阪不在。エイトのチケットなんて持ってないし、どうすればいいの!?って困惑。エイトの幕が上がると、そこには末澤くんがいる。あの時はもう、正直絶望だった。末澤担になって、ようやく会いに行けると思いったら、いないんだもん。少クラin大阪にもいないし、会えないのがほんとうに悔しくて。もう夏は捨てようってお友達と話してたほど。でもやっぱり諦めきれなくて、チケットを探してたら、譲っていただけることになって( ;  ; )ということで、春松竹が終わってから末澤くんの姿を見たのは数えられるほど、5ヶ月ぶりに会いに行くことができました。5ヶ月ぶりに見る末澤くんは、めちゃくちゃダンスが上手くなっていて、キラキラしてて、チャラくて(笑)東京初日の「ユニット紹介」の感動(というか動揺)は忘れません。大きいモニターに抜かれる末澤くん…頼もしすぎて、今でも目に焼き付いています。そして、純情恋花火の横顔、苦しすぎて永遠に忘れません(?)。この3日間で、松竹座にもin大阪にも末澤くんがいないことなんてどうでもよくなっちゃうくらいに幸せな気持ちを感じられて、見るたびにかっこよくなる末澤くんにワクワクして、なんだかんだ、わたしのハッピーサマーは幕を下ろしました。

さてさて、夏への不安を抱えている中、ドッグファイトの再演が決まったのは、忘れもしない2017年6月26日。ちょうどTwitterを見ていたら、リツイートで回ってきた「ドッグファイト再演」の文字。末澤くんの初の外部舞台。もう永遠に見ることはないと悔やんでいたから、ほんっとうに嬉しくて嬉しくて、今回は後悔しないように、たくさん会いに行くって決めました。その話は後ほど。

そろそろ、末澤くんってまいジャニに出てたっけ?ってなる頃ですよね。蓋を開けてみたら、3月のBOL以来ショータイムには出てないし、トークも、6月?7月?もうそんなのいつだか忘れました。誰の目にも明らかに、格差が生じている。夏松竹に出ていないから、ショータイムに出ないのも仕方ないかもしれないけど、それにしたってひどい。Jr.担1年目のわたしにとって、これがJr.担か…と現実をつきつけられました。結局、ドッグファイトが始まる12月まで、末澤くんのことを見ることができるのはいつも雑誌。11月のとれ関に出演したおかげで、声を聞くことができたのが唯一の救い。誰が悪いわけでもないけど、露出の多い関西Jr.と該当担が羨ましくて羨ましくて。まあわたしが何を言っても変わらないのだけど。

「末澤くんはドッグファイトで出られないにしても、Funky8の7人を見に、クリパ行きたいなあ」と思っていたのもつかの間、またここでも格差。もう松竹座には呼ばれてないのかなあ、なんて思ったりして。末澤くんもまとくんも古謝もリチャもDKもいない松竹座。そんな松竹座、わたしには遠すぎました。

そして、そんな中決まる「関西Jr.単独コンサート」。もちろん、とっても喜ばしいことなんだけど、もう事件の匂いしかしないよね(?)。ドッグファイト期間中の末澤くんはきっと出ないだろうなあと、早々に意気消沈。正直、末澤くんのいない関西Jr.のステージを見る勇気はなかったから、行くかすらも迷った。みんなが喜んでる中、喜べませんでしたごめんなさい。それでも、日誌でまとくんが出るってわかったから行く勇気が持てました。まとくんありがとう。

 

そして、ずっっと楽しみにしていた、ドッグファイト初日。4ヶ月ぶりの末澤くん。負の感情を持ち込んじゃいけないと思いながらも、いろんな悔しい気持ちを抱えて初日を迎えました。幕が開いて、一瞬で末澤くんを見つけて、その瞬間から涙が出そうでした。始まってみれば、いつも通りステージでキラキラしてる末澤くん。大きくてキレのあるダンス、高くて伸びのある歌声、初めて見る演技。そこにいたのは、わたしの大好きな末澤くんであり、1年間見てきたはずなのに見たことのない末澤くんでした。こんなに堂々とステージに立つかっこいい末澤くんを見たら、今まで悔しいって感じていた自分がちっぽけに思えてきて、末澤くんのことを好きになったわたしは間違ってなかったんだなと、温かい気持ちになりました。ドッグファイトは、そんな末澤くんに出会わせてくれた素敵な作品です。毎回新しい末澤くんが見られて、何回行っても楽しめました。後悔なんて、全くしていません。全28公演、稽古も含め、お疲れ様でした!!永遠にドッグファイトロスを引きずりながら生きていきます(重)

そして迎える、あけおめコン。前日の康二くんの日誌に「末澤」の文字。これはいる…あけおめコンに末澤くんがいる…!?!?とパニックになりました(笑) マジで諦めてたから、一気に震えた(笑)そして初日の朝、末澤くんの団扇があるかないか、ソワソワして早朝に何回か目覚めるわたし。みんなから「末澤くん団扇あるよ!!!」ってラインがたくさん来てて、ベッドで涙。その3時間後に末澤くんの団扇、売り切れ。

 

 

 

 

 

 

いやいやいやちょっと待ってwwwwwwいろいろ起こりすぎてついていけないからwwwwww

 

 

 

 

1番に売り切れる自担がかっこよすぎて、今まではなんだったんだろうなあなんて呑気に思い出に浸ってたのもつかの間、「わたしは末澤くんの団扇手に入れられるの!?!?」という不安に襲われました。4日の朝6時半に大阪に到着するも、もう既に長蛇の列。2日目は、販売開始してから30分くらいで売り切れたよね?何度川に身投げしようと思ったか。いろんな子が声かけてくれたり、一緒に探してくれたりして、ほんとうにありがたかったです。みんなありがとう( ;  ; )末澤くんの団扇持ってる人見るたびに悔しくなって、そりゃあそんな簡単に幸せにはなれないよなあって悟ったり(笑)4日1部のノスタルジア見ながら、なんでわたしは団扇が買えないんだろうって泣いたり(笑)情緒が不安定すぎる(笑)幸運にも、優しいフォロワーのフォロワーさんに譲っていただくことになって、無事手に入れることができました。ありがとうございます( ;  ; )そして、リツイートに協力していただいた皆様も本当にありがとうございました( ;  ; )

さてさて、そしてみんなも言及してる、例のアレですよね(?)。幕が上がったら、Funky8は5人と3人に分けられてて、3人の立ち位置もそんなに良くなくて。もちろん3人で歌った「D-MOTION」「ノスタルジア」「Dance in the dark」の3曲はマジで城ホが割れるかと思うくらいの歓声だったけど、MCでもマイクを持っていない自担。扱いの格差。わかる、悲しくなるのもすごくわかる。でも、わたしからしたら、いないと思ってた城ホに末澤くんが立ってるっていう事実だけで嬉しくて、センターで歓声を浴びながら踊る末澤くんが誇らしすぎて、今までの悔しさなんて、どこかに飛んでいきました。もちろん8人のパフォーマンスを期待していたのは間違いないけど、末澤くんのためのステージがあるだけでこんなに嬉しくて、応援しててよかったって思えるコンサートでした。端でビグゲを踊る末澤くんでさえ、わたしの中ではセンターです。末澤くんがモニターに映った時の歓声が、全てを物語っていました。1年間のモヤモヤを晴らしてくれたし、末澤担になってよかったと心から思えた瞬間です。これからも一生、末澤くんについていくと決意した年初めでした。素敵なコンサートをありがとう。

 

さて、そんなこんなで、あけおめコンもドッグファイトも終わってしまい、次は春松竹ですね。なんだか嫌な予感がしていますが(笑)巷で噂の末澤旋風が、何かの突破口になりますように…!!!

 

末澤くんのおかげで、ひと回りもふた回りも大きくなれた1年でした!!!好きになれてよかった!!!末澤くんありがとう!!!

f:id:nkeswtsy-4fan:20180111125853j:image

激動の2017年まとめ

こんにちは。12月は4ヶ月ぶりに自担に会えるということで、とても浮かれております、あおいです。もう年の瀬ですね。早い。非常に早い。2017年、わたしにとって凄まじくいろいろなことがあったので、備忘録として書いておきます。題して

「激動の2017年まとめ」(そのまま)

 

#新年一発目からインフル・1月

ということで、1月1日のJUMPカウコンオーラスで体調を崩す(のちにインフルエンザと診断される)という最悪の始まり。おまけにWESTの横アリも行けなくなるという二次災害。せっかくの自チケを泣く泣く譲るという悲しみ。みなさん現場の前には、風邪予防をしましょう(なんの話)。そして来たる1月11日、まいジャニ新春SPの末澤くんに出会い、あの一瞬で落ちました。年明けて2週間でいろいろ起こりすぎ問題。次の週のスパノバを永遠に見てノックアウト。ここらへんのことはこちらの記事にも書いてありますので☟

担当の変遷 part2 - 私の好きな君だから

とにかく激動の2017年は、末澤くんに出会ってしまったというところから始まっています。1年ほぼ激動。

 

#突然大阪行きを決める・3月

2月は特になにもなかったはず。就活が解禁する3月を前に、大阪に遊びに行ったくらい。

そして問題の3月。NATちゃんのWEST参戦が決まり、静岡に行けることになって、わたしは考えた。

「静岡まで行くなら、大阪もついでに行けるんじゃね???」

 なぜ大阪かって、もちろん末澤くんが出演していた春松竹があったから。それにしても日本をなんだと思ってるんですかね。そんな簡単に行くわけ…行きました。(軽率)(よく考えたら、1ヶ月で北海道と沖縄に行った)関ジュにハマりつつあったNATちゃんを巻き添えに、WEST昼公演が終わってそのまま大阪へ。ここらへんから頭おかしくなってきてる。でも、結果的に行ってよかった現場第1位になるくらいの現場だったのでこの選択は正解。松竹座で末澤くんのいろんな顔を見て、3月中にJUMPを降ります。今までのわたしを知ってる人からしたら、なかなかの大事件。激動の10乗。

今年4分の1が終わったところで約1000字。これが卒論だったらいいのに。

 

#そろそろ就活しろ・4月

さて、4月に入り一発目。NEWSのツアーNEVERLAND初日、北海道まで行ってきました。まあこれも激動っちゃ激動だけど、1月と3月からしたら薄いので割愛。それより、ここらへんでまだ1社しか受けてないから、むしろそっちのが心配だよねわかる。

 

#フッ軽が開花・5月

忘れもしない5月、MADEのクリエに誘われて前日に決めました。だから就活しろ。ちゃんと午前中は説明会に行ったから許してくれ。もちろん、NEWSのバックについているMADEのことは知ってたけど、名前を言われて顔がパッと出てこないレベルの知識。今思うととても後悔してるので怒らないで…。影山担の友達についていってあげたいという思いで決める。初めてのクリエ、狭さに圧倒され、近さに震えて、いつの間にか全員の顔覚えてました。家に帰ってNEWSのDVD見たらMADEだけ鮮明にわかって感動した、クリエ単独公演恐るべし。さらに、NEWSがMADEにあげた星の衣装もしっかり見られて涙。大好きなNEWSが衣装を託せるMADE、知れてよかった!これからも見守っていきたい!フッ軽万歳!!!!!!!

 

#衝撃の事実・7月

このタイトルを見てわかった人は、きっと同じ境遇の方でしょう(握手)。何かって、

夏松竹のポスターに自担がいない!?!?エイトバック!?!?年1の少クラin大阪に出ない!?!?

おいおいおい…いろいろ待ってくれ…何が起こってるの…ということで、ここらへんから情緒が乱れてくる。自担に会える夏をめちゃめちゃ楽しみにしてたのに…。あっそういえば内定先決まりました。

 

#結局エイトに行く・8月

自暴自棄になって、行くのも渋っていたのに、結局行きたくなってチケット探してたら、良縁に恵まれて3回も会いに行けました(泣)ほんっとうに感謝しかない…この場をお借りして感謝申し上げます…!!そして、これほど防振に感謝したことはないってくらいいろんな末澤くんが見られて、出演時間は短いながらもJr.コーナーではセンター寄りで踊ってるし、1人でモニターに抜かれるし、人生で1番幸せな3日間だったなあ。未だにわたしの魂は夏の東京ドームにある、誰か持って帰ってきて。そして他にも、らぶトラのキントレ、自担不在の夏松竹、JUMP大阪と、1ヶ月で7公演。夏松竹に関しては、自担の誕生日に自担が不在っていう盛大なオチが用意されていました(笑)来年こそは…!

 

#世界が変わった・9月

9月は世界が変わりました。そうです、みなさんもご存知、

「Endless SHOCK」

 ジャニオタなら1回くらいは気になったことがあるはず、わたしもその1人。そして幸運にも大阪公演に誘ってもらって、行くことになりました。あとね、大阪に行く日にちょうどV6も大阪でコンサートをやっているという事実。きっと呼び寄せられてるよね(?)。フッ軽をまたここでも発揮する。そして、満を持してSHOCK。最初は安易に「誰見ようかなあ、全体的に見られたらいいなあ」と思って、防振を構えていました。そしてその中に、前から顔が可愛いと思っていた海斗くんがいることも知ってたけど、特別推していたわけではないし、とにかく「かわいい天使」と思いながら見ていました。そこで事件が起きる。どこかの曲で、めちゃめちゃ鋭い目で踊ってるんですよ…マジでダンスが上手い…さっきの天使どこ…そして歌ったら歌も上手い…何が起こってるの…動揺しているうちに始まる殺陣。命の危機を感じる。性癖にどストライクでババアは死亡。ありがとうございました。このまま見続けたらヤバイと思いながらも、海斗くんをとらえてしまった防振は動かず…こうしてSHOCKに取り憑かれたわたしは、9月の最後にまた大阪に舞い戻りましたとさ。めでたしめでたし。こんなに素晴らしい作品を知れて本当によかった。SHOCKを知らずに死ぬなんて、後悔してもしきれないくらい。SHOCKが気になっているそこのあなた、世界を変えてみませんか?

 

#芸術の秋・10月

舞台を3作品観に行った10月。 1日で2つの作品をハシゴするのなんて初めて!関西Jr.か!ってかんじ(?)SHOCKに影響されまくっていろんな舞台が観たいので、お金降ってきてください!!!!わたしも舞台班になる。(?)

 

 

#待ちきれなかった・12月

さてさて。どうしましょう。もう12月なんですよ。どうしよう!!!!!!末澤くんに会えるんですけど!!!!!世界の末澤担と分かち合いたい!!!!!今年はかなり苦しみました。まいジャニだって、ショータイムは4月のBOL以来更新されてないし、トークだって久しく出てないです。誰が悪いわけでもないけどやっぱり悔しくて、わたしもみんなみたいに沸きたい、羨ましいってずっとモヤモヤしてました。でも!!!それももうおしまいです!!!ようやく末澤くんに会える12月!!!!一生観ることはないと悲しんでいたドッグファイトの再演が決まってから5ヶ月、思い返したらあっという間だけど、いろいろあった。でも末澤くんを信じてここまで来ました!!!!卒論なんかに負けません!!!!末澤くん!!!ドッグファイト頑張ってください!!!!またパワーアップした末澤くんに会えること、とっても楽しみにしています!!!大好きです!!!!(メッセージ)

 

ということで、わたしの激動の2017年をお送りしました!読んでいただき、ありがとうございました〜!!2018年もいい1年になりますように♡

ジャニオタと就活

こんにちは、最近更にDDが加速しているあおいです。もしかしたらこれは検索に引っかかってしまうのでは、と怯えております。あまり(というか絶対)参考にならないので、サササーっと読んでいっていただけるとありがたいです(長いです)

 

まず、このブログを書いたのは、自分の就職活動をまとめたかったのと、就職活動中に「こういうブログを読みたかった」と思っていたからです。こういうブログっていうのは、「就活ほぼ何もしてません!」みたいなブログ(あるわけない)。みんなやっぱりそれなりに考えてて、それなりに動いてて、「ジャニオタで現場行きまくってました(笑)」みたいな人でもなんだかんだちゃんと就活してて、いやそれが普通なんだけどね!?わたしがバカなだけなんだけどさ!?「なんだみんな結局ちゃんとしてるじゃん…」っていうのが心の声でした(だから当たり前)。ということで、先に言っておきますが、

 

 

わたし、就活ほぼ何もしてません!!!!(バカ)

 

 

 

 

 

 

 

(戻るなら今のうちです)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、そろそろいいですかね?(笑)

何度も言いますが、本当に本当になんの役にも立たないブログだし、腹が立つかもしれないし、バカだなあって思うかもしれませんが、あくまで一例です。就活何もしなくても大丈夫なんだ!と思われても仕方ないですが、絶対真似しないでほしい(笑)お手本には120%ならないと思いますが、温かい目で見守っていただけると嬉しいです。(笑)

 

ではまず、わたしについて。

◯地方の4大、社会学系(文系)の学部

◯サークル:アカペラ、スノボ

◯経験したアルバイト:居酒屋(10ヶ月)、アパレル店員(2年)、書店員(1年)

◯とにかく東京で就職する(おたくのため)

◯何もしてないくせに「夏松竹までに絶対終わらせる」と言い張る(結局自担はいない)

◯自担:NEWSを始めとするDD(他の記事参照)

おそらくどこにでもいる、普通の大学生です。大学に入ってからDDが急加速して、今に至っております。少クラには注意(なんの話)

 

さてそれでは、細かく見ていきましょう。

 

◯3年〜就活解禁前

まず、3年生になると「就活講座」なるものが始まる大学もあると思います。わたしの大学もそうでした。就活の仕方やインターンの行き方、ESの書き方、面接の受け方など、ここでいろいろなことを教えてくれて、先輩の話を聞いたり、ESの添削、面接練習など、多かれ少なかれ、大学側が就活のケアをしてくれるものです。そんな中わたしは、就活講座に1回も参加していません(胸を張って言うことではない)。実は、2年の後期に学部の仲良いグループ(ざっと20人くらい)内でいざこざがあって、悲しいことにわたしは1人になりました(笑)今はもう笑って言えますが、当時はマジで鬱になって、学校も行かなかったし、ゼミ選考も落ちるし、ずっと闇でした(笑)そんな中始まる就活講座。同じ学部3年のほとんどが参加する就活講座に、1人で行く勇気はありませんでした。仲良い友達がいれば、みんなで愚痴を言い合いながら参加してたと思いますが(笑)さすがに無理でしたね(笑)ということで、就活講座には参加せず、実際、就活が解禁した翌年の3月まで、ほぼほぼ就活の知識ゼロで生きていました(怖い)。面接練習もESの添削も、全くもってしていません(笑)全部自己流(笑)今思うと怖すぎ(笑)まあどうにかなりましたけど(笑)ただ、就活講座に行かなかったので、就活サイトに登録できなかったという事件が発生。大学でまとめて登録していたらしいのですが、余裕で逃しました(笑)個人で登録できるので、「逃した!」って方は自分で登録しましょう。それで間に合います(笑)そしてそして、みなさんが気になっているであろうインターン。お察しの通り(?)行っていません。「夏のインターンは行かなくても別にどうってことない」という意識の高い先輩の言葉を鵜呑みにして、「じゃあいいや〜〜」と、ポイしました(バカ)。今思うと、自分のやりたいことを見つけるための選択肢としてインターンを活用するべきだったなあと思いますが、まあ行かなくても何の差し支えもありませんでした。面接でインターンについて聞かれることも全くなかったです。

何度も言いますが、解禁するまでの就活はゼロです(笑)

 

◯3年3月(就活解禁)

ということで、解禁しました(?)。日付が変わった瞬間に、何を思ったのか、むやみやたらにいろんな企業へ大量にエントリー(就活していない人の典型例)。エントリーするとめちゃめちゃメールが届くので、大量にエントリーするのはオススメしませんwww就活関連のメールが500通溜まった時には、どうやってメールボックスを爆破しようかと考えていました、みなさまもお気をつけて(?)。

さて、わたしのまわりでは「3月は毎日説明会」「3日しか休みない」「スーツもう慣れた」そんな声が多数あがっていました。そんな中わたしは、

2017年3月の現場

◯3/19 なうぇすと静岡

◯3/20 春松竹

◯3/26 Jr.祭り横アリ

他にも、沖縄旅行、スノーボード、サークル、バイトなど、とても就活生とは思えないスケジュール。春休みを満喫して、3月末に担降りもしました。普通に考えてバカ。そして、

3月の就活

◯大型合同説明会 1つ

はい、解禁してこれってヤバイ。今思ってもヤバイ。当時もヤバイと思ってた。なんなら、もう1つの大型説明会も予約してたのに行かなかった。ヤバイの10乗。考えてみて?就活解禁した3月に、スーツ1回しか着てないってやばくない???ここらへんから、サークルの先輩や同期に「マジで就活大丈夫?」と本気で心配される。「ヤバイです(笑)(笑)(笑)」それしか言えねえよな。そしてここで気づく。アピールできることがない!!!!!/(^o^)\急いで自己分析の分厚い本を買って、最初のページからちまちま始めましたが、終わるはずもなく。それでも、自己分析はやっていて損はありません、これは100%言えます。面接の前の時間にチラッと見るだけでも気持ちに余裕ができます。お気に入りのノートを見つけて、暇な時にでも…!(後で少し詳しく述べます)

 

◯4年4月

4月の現場

◯4/1.2 NEVERLAND北海道

まあこれだけ見たら「2現場か」って思うかもしれませんが、北海道まで行ってます。春休み(2月〜4月上旬)に沖縄と北海道に行く就活生がどこにいんの?????なんかもう、面白くなってきたでしょ(笑)わたしも面白いもん(笑)書けば書くほどバカ(笑)そして、

4月の就活

◯大手の説明会

まだこの時点で1社。そしてその企業の書類選考で落ちる我。ドンマイ。さすがにそろそろヤバイと思って、何個か説明会の予定を入れる。そして4月が終わる。

 

◯4年5月

5月の現場

◯5/19 クリエMADE公演

このクリエ、前日に誘われて行きました。親が少し厳しかったので、クリエを決めてから説明会を探す(東京に行く口実)(クズ)。後悔はしていませんが、今思うとほんとうにアホ。

5月の就活

◯説明会 6つ

◯面接 3つ

ようやく5月になって動き始めました。それでも、最初の面接は下旬。めちゃめちゃ緊張した…。そして、説明会や面接が終わった後は必ずおたくとごはん。じゃないと説明会をキャンセルする可能性があるから、東京に出て行く理由を作っていました(意味不明)

 

◯4年6月

6月の現場

◯6/10.11 NEVERLAND東京

◯6/18「こどもつかい」舞台挨拶

土日に説明会や面接がないことをいいことに、この後に及んでまだ現場に行く。

6月の就活

◯説明会 1つ

◯面接 4つ

◯内定 1社

いくつかの企業で、書類通過、1次面接通過、最終面接。6月の最後には内定も1社出ました。第1志望の企業の書類提出期限日に書類を提出して(意識低い)、その企業を残し、他の選考は終了。

 

◯4年7月

この月は現場には行きませんでした。控えたというわけではなく、単純に行く現場かなかったからです(笑)でも、ディズニーシーに行ったり、東京によく遊びに行ったりしていました(結局)。そして、残すは第1志望の企業。面接を2回経て、内定をいただきました。

7月の就活

◯面接 2回

◯内定 1社(内定が出たのは8月)

ここは正直、内定をもらえると思っていませんでした。ですが、1回目の面接でなぜか大きな手応えを感じ、最終面接ではほぼ業務内容の説明、そして内定をいただく。まさしく有終の美(という名のミラクル)。そしてわたしの就活は幕を閉じました。

 

 

 

なんでこいつが内定もらえたんだ!?!?!?

 

 

というのがみなさんの心の声だと思います、わたしにもわかりません(笑)秘訣の"ひ"の字もなければ、参考になるところもありません。よく生きてるよwww

就活の結果

◯説明会 合説1つと8社

◯受けた企業 8社

◯うち、内定 2社

              最終 0社

              2次面接 1社

              1次面接 2社

              書類落ち 3社

 というかんじです。(少なすぎワロタ)

 

#進路選択の流れ

 

ここまで順調に進んでるのを見ると、「どうせやりたいことが決まってたんでしょ」とか思う方もいると思うんですが、面接で1番聞かれたのは「受けている業種に全く統一性がないですが、なぜですか?」という質問でした。本当にやりたいこともなく、なんならおたくに就職したいとかアホなことを言っていました(笑)特にやりたいことが決まっていなかったので、その時のわたしは

◯人と関わる仕事がしたい

◯人と関われるなら業種は関係なく、広い視野で見たい

と主張していました。なんだか言い訳チック(笑)特にやりたいこと・なりたい職業はなかったけど、アパレルのバイトを2年間続けてきて、やっぱり人と関わるのが楽しいなあと思っていたので、人と関われる、それに加えて、おたくをするために「土日休み」「福利厚生がしっかりしている」「都内」という4点を柱に、企業を選んでいきました。

 

そして、1番大事なのは「自己分析」だと思います。ただわたし、前述した通り、学部の友達といろいろあってずっと鬱だったので、自分と向き合うことが1番嫌でした。向き合えば向き合うほど自分の嫌なところが見えてきて、余計鬱になる。自己分析の本を開いて、数行読んだだけで泣いたこともしょっちゅうです(笑)そんなわたしが、どう自己分析をしたかというと、

なりたい自分・周り(面接官)にどう見られたいか

+

それを証明できる経験・エピソード

+

どうすればそう見えるか

をとにかくリストアップ(ごめんなさい、ちょっと偉そうなことを言いました)。わたしの例で言えば、「気さくで楽しい雰囲気に見られたい」と書いたら、その横に「アパレル店員をしていたときに、お客様に『話していて楽しい』と言われた」と書き、その横に「面接では、ハキハキした喋り方、笑顔」と書いていました。「なりたい自分」は、ポンポン出せると思います。「どうすればそう見えるか」は、自分が面接官だとしたら、どういう子がそう見えるかを考えれば、割と思い浮かぶはず。そして、1番重要なのが「経験」です。ここの部分を強化することを徹底して、誰が聞いてもそう見えるような経験を挙げていきました。ポイントは、1つの「なりたい自分」に対して、複数のエピソードを用意しておくこと。そうすると、ここの業種にはこのエピソード、この質問にはこのエピソード、というように、引き出しが増えます。それに、もちろん嘘は良くないですが、咄嗟に頭を働かせて、ある質問に対する"もっともらしいエピソード"を引っ張り出してくることは必要だと思います。そのためにも、経験・エピソードを強化するべき!そして、この方法のいいところは自分のダメなところがあまり見えないことです(笑)「こうすればこう見える、こうなればいい」という前向きな言葉を並べていけば、自己分析も少しは楽しくなると思いませんか?底辺大学生のわたしにはピッタリのやり方だなあと思っています(笑)もしわたしと同じような境遇の方がいれば、参考までに…!◎

 

 

ここまでいろいろ言ってきましたが、なんでわたしが内定をもらえたのか、未だにわかりません(笑)ただ、1つ言えるのは、おたくをしていても就活はできました。むしろ、ジャニーズがいたからこそ、モチベーションが下がらず、彼らの頑張る姿を見てもっと頑張ろうと思えたんだろうなあと思います。そしてそして、わたしの中で大きい存在だったのはフォロワーさんです!!Twitterに来たら楽しくみんなとお話ができて、就活の合間に会ってくれて、大学の友達が少ない分、おたくのみんなに助けられました…!ありがとう!!!結果、ジャニーズとおたくに感謝!!!!!これからもDDに励みたいと思います(?)。

 

ご拝読いただきありがとうございました!できれば参考にはして欲しくないですが!!!(笑)誰かの心を少しでも楽にできますようにと願い、このブログを終わりにしたいと思います!

 

担当の変遷 part2

 

この記事の続きを書く時が来るなんて、誰が予想したでしょうか??(薄々感じてた)

 担当の変遷 - 私の好きな君だから

前回のこの記事☝︎を書いたのが2016/6/3ということで、NEWSのQUARTETTO東京1週間前ですね。まあこの1年ちょい、いろんなことがありましたね、本当に。怒涛というか、軽率というか(?)ということで、軽率フッ軽DDは続きを書きます。だいたい時系列に並べております。お付き合いください。(お時間のある方は、前回のも合わせて読んでいただけると、より軽率さがわかると思います)

 

ジャニーズWEST

またジャニーズWESTから書き始めるわけなんですけど。いやもう本当にヤバイ。前回WESTのことを書いたときとは比べものにならないくらいヤバイ、いつからこんなに沼にハマっていたのか、気付かないうちにここにいます、わたしは誰(?)いや、わかってた、こうなることはわかってたんだけど、柔らかくて楽しい雰囲気、絶えない笑顔、そして果てしないリア恋みに引きずられ、最高に拗らせている所存です。この人たちについていったら絶対に幸せになれるのなんてわかりきってるし、デビュー4年目にしてあの安定感。いつの間にこんなに好きになっていたのか、その気持ちに気づいたのは24コンのDVDを見てから。24コンに行かなかったのは、当時大阪に行くほどのモチベがなかったから。最大級に後悔してる。それでも24コンのDVDを見て、気持ち悪いくらい泣いて、気づいてしまった。ジャニーズWESTは、最強で最高のグループだって。なんでもっと早く本気にならなかったんだろう。これからは全力で追いかけます。(なんの意思表明)

 

末澤誠也

ここでお話するのは、去年の少クラin大阪です。まだ落ちてません(?)今まで関ジュには全然興味なくて(ごめん)、in大阪もWESTがパリマニをやるから楽しみにしてたレベル。わたしが好きそうなチャラい人は、まとくんとすえちゃんって紹介されて、ふーんってかんじでした(ごめん)。そしてin大阪1週目、Jr.が紹介されるコーナーで、フリップを持って出てきた末澤くん。その時のわたし「えっビジュが好き、可愛い」、そしてin大阪2週目、キスマイの大好きな曲"FOLLOW"がかかる→この人たちかっこいい→あれ、この前の末澤くんいるじゃん→巻き戻す→えっ腹筋/(^o^)\それは反則/(^o^)\→FOLLOWだけ残しておこう(編集の話)

はいチョロい〜〜〜〜〜〜〜〜(拍手)

まあでもここで沼るわけでもなく、いろんな関ジュ担に「in大阪めっちゃよかったよ!!」って伝えるにとどまりましたとさ。

 

林真鳥

そして、わたしを関ジュ沼に落とした人はまとくんです。ラキセのDVDをフラゲして、呑気に見てたら雷が落ちました/(^o^)\なにしてんの????あれ見て落ちない人いるの????ビジュが最高に好きだし、ダンスチャラいし、どこにいても見つけちゃうし、毎朝Jr.コーナー見ながら髪の毛巻いてました(女子か)そしてここから、まいジャニを録画し始めます。関ジュ沼への1歩…

 

末澤誠也(再)

はいまたここで末澤くん。年明けて1発目のまいジャニ新春SPで事件は起きます(?)まあ結論から言うと、リレーで走ってる末澤くんに落ちました。過去最大に軽率、俗に言う「えっ、あいつあんな足速いの…いつもうるさいのに…」みたいな感情(小学校低学年女子)そして、次の週のまいジャニのshowtimeでsupernova。完っ全に好きなタイプのダンス。チャラい。待ってチャラい。画像検索して保存する手が止まらなくなり、「また推しが増えちゃったじゃん〜」とか思ってました…まさかあんなことになるとは…(???)

 

Funky8

関ジュのことは何もわからずに沼に飛び込んでから、Funky8を知りました。なんてったって事務所非公認。Jr.は大変だってわかってたけど、Funky8にはどうしても頑張って欲しくて、報われて欲しくて、同じ景色が見たくて、この8人をずっと応援していきたいって思ってしまったから仕方ない。踊れて喋れて、1人1人のスペックがめちゃめちゃ高い。応援せずにはいられないでしょ!?!?

Funky8見つかれ!!!!!!

f:id:nkeswtsy-4fan:20170921194435j:image

 

渡辺翔

なべしょをいつから推し始めたかはわからないんですけど、3月のJr.祭りで完全に追ってしまっていましたね。席も割と見やすくて、目の前でおへそがチラチラ見えるように黒シャツの下の方のボタン外してて、なんかもうダメ/(^o^)\樹とイチャイチャしてるのを防振で見て悶えてました。そのあと少クラで歌声を聴いてノックアウト/(^o^)\推しのヒモ率が激しい

 

○関西Jr.

今年は、なかなか荒れた夏でしたね(遠い目)ということで、自担がいない松竹座にもDDは足を運びました、ここがDDの悪いところ。まいジャニを見始めてすぐ、龍太くんが"二人の花"を歌っていた後ろにいた正門くんに惹かれ、見るたびにかっこよくなる正門くん、少年たちもほぼ正門くんを見ていたという事実。他にも康二くん龍太くんなどなど、まあだいたいひと通り沸きました(?)一人一人のキャラが濃すぎて「もう関西Jr.みんなまとめて大好きラヴ!!!!!!!」みたいな感情が湧いています。ありがとう関西。

 

○松倉海斗

みなさんお待ちかねの海斗くんですよ(?)誘われて行ったEndlessSHOCK(2017/9/9)に、まさかの沼が広がってるとは…/(^o^)\まあね?ちょっと言い訳すると、

f:id:nkeswtsy-4fan:20170921192815j:image

これを見るとわかる通り、「顔が好き」でした(2017年5月の話)でもね、SHOCKは「誰見ようかなあ、文ちゃんかなあ、てらちゃんも見たいなあ、海斗くんも可愛いよなあ」みたいなかんじで、満遍なく見るはずでした(はずでした)。なんなら、1幕の中盤までは、文ちゃん50てらちゃん25海斗くん25って感じで見てたの、、、なのに、、、途中でふと海斗くん見たら、めちゃくちゃキレキレのダンス。そんなの「!?!?!?」ってなるじゃん??しかもさっきまでニコニコ天使ちゃんだったのに、すごい鋭い目で踊ってて、防振覗きながら心が震えました。そのあと殺陣が始まって、「殺陣は見ちゃダメ!!!」って心が叫んでたのにもかかわらず防振覗いたら、目に飛び込んできた海斗くんが、人を殺めるのも厭わないような笑顔で刀持ってて、目が離せなくなりました。これは本当にあった怖い話なんだけど(?)、海斗くんの持ってる刀に血がついてるように見えて、数秒間刀を見る時間がありました(?)ほっぺの血も拭ってて(お芝居が細かい🤦🏻‍♀️)、狂気を感じた、、、これぞ性癖にダイレクト、、、(死)セリフのないところの表情もすごく細かくて、コロコロ変わる海斗くんの表情に釘付けのババア。2幕はほとんど海斗くん見て終わりました。それから2週間、拗らせまくってまた大阪行きを決めました/(^o^)\(バカ)また拗らせてきます。

 

 

以上にて終了です。くだらない内容なのに、ここまで読んでいただいてありがとうございます(笑)また続編を書く時が来るのでしょうか(おそらく来ます)こんなDDですが、温かい目で見守ってもらえると嬉しいです👼これからもどうぞ、よろしくお願いします…!♡(笑)

# Happy Birthday to you

 

 

本日8月24日は、我らが末澤くんのお誕生日です!!!!23歳です!!!

 

末澤誠也くん!!!

お誕生日おめでとうございます!!!🎂🎉🍓💕

 

f:id:nkeswtsy-4fan:20170822143401j:image

 

早いもので、末澤くんのことを好きになってから8ヶ月が経とうとしています。非常に早い。突然現れた沼に躊躇なく浸かり込んだ8ヶ月間、まいジャニで走ってるところを見て好きになった日から、末澤くんがいる(はずだった)大阪に向かっている今この時まで、好きの気持ちを更新するばかりです。ドッグファイトの再演が決まったり、ラジオに出演したり、エイトのバックについたり、雑誌にもいっぱい出たり、たくさん活動している末澤くんが見られてとっても嬉しいです。あんまり頻繁に会うことも見ることもできないけど、それでも毎日幸せをもらっています。末澤くんのことを好きになってから、毎日イキイキしてるって言われることが多くて、改めて好きなんだなあって思ったり(笑)今までの担当にはなかった感情が出てきて、末澤くんのパワーを感じています…!散々、顔が好きとかタイプとか言ってますが(笑)もちろん、笑顔、ズルい表情、踊ってる時の顔、真剣な顔、うん、全部顔だね/(^o^)\という冗談はさておき(笑)ダンス、歌声、普段の声、関西弁、言葉選び、小柄なところ、仕草、唇噛んだり舌ペロするところ、すぐ人にくっつく可愛いところ、踊りながらウィンクするところ、チェックシャツ好きなところ(?)、赤ちゃんみたいなところ(?)、リチャとラブラブなところ(?)、もう挙げたらキリがない!!!とにかく全部全部大好きです!!!Jr.担になって初めて知ることもいっぱいあって、大変だなあって思うこともあるけど、末澤くんがいろんなところでたくさん活躍するっていう夢を一緒に叶えたいと思える存在です。ずっとずっと、応援させてください!Funky8見つかれ!!!!

 

次に会えるのは今のところ12月なので、それまでダイエットに励みたいと思います🤦🏻‍♀️末澤くんは早急に好きな女の子の格好を教えてください(?)寄せます(?)

 

来年も再来年もずーーっと先まで、末澤くんのお誕生日をお祝いできますように!!!末澤くん大好きです!!!素敵な1年にしてね!!!

 

Thank you...❤︎

You are my brightest.

 

さて。早いもので、NEVERLANDオーラスから2週間が経とうとしています。みなさまいかがお過ごしでしょうか。わたしは未だに引きずっております……どうしてくれんだよ……この前なんてサマラバ聴きながら泣いたよ……(謎)もうあの世界に足を踏み入れることはないと思うと、寂しくて寂しくて。。代わりにマーメイドラグーン行こうかと計画しています(?)JE様できれば早めに映像を出していただけるとありがたいですよろしくお願い致します(関係各位の皆様へ)。

 

わたしは、初日の北海道と最後の東京の計4回、NEVERLANDの旅に出かけたんですけど、毎回泣いてたよね(笑)今回さ??めちゃくちゃ泣いた印象なんだけど、どう???(?)UR not aloneはもちろんだけど、初日は最初の汽車が出てきただけで号泣してたし、オーラスはニャン太→恋を知らない君へ→フルスイングで涙スイッチ入っちゃって3曲とも泣いてたし、この2ヶ月ちょい涙腺がゆるまってたなあ……。去年のオーラスも、意味わからないくらい泣いたけど、今年は前回を越えたんじゃないかってかんじ。まあ、わたしの泣いた話はどうでもいいよね。進みます。(笑)

 

今回のNEWSはね、正直不安だった。最初と最後しか入らなかったから、その間にいろんなことがあって、でも自分はNEWSに会いに行けなくて。なんというか、ちょっと怖かった。なんだかNEWSやファンを取り巻く環境が少しずつ変わってるような気がして、また突然、NEWSが見れなくなっちゃうんじゃないかって思ったりして。これまで、みんなで同じ方向を向いて一緒に歩いてきたつもりだったけど、それが崩れてしまいそうな、そんな胸騒ぎがしてた。なにより、一部のファンが敵に見えました。心無い発言や不快なツイート、いろんな憶測を見てイライラして、モヤモヤして、ずっと悔しかった。自分で検索して、勝手にイライラしてただけなんだけどね。仮にも今まで一緒にNEWSを応援してたのに、なんでそんなことが言えるのか、今までNEWSの何を見てきたのか、暴言吐くくらいならNEWSファン辞めてほしいって本気でそう思っていました。今でも思っています。もちろんこのご時世、アンチがいるのは当然で、みんなが同じ意見を持ってるわけじゃないこともわかってるし、気にしても仕方ないけど、今回だけはどうしても許せなくて、もはや1回活動休止して、取り返しのつかない状況でお互いがお互いの大切さを思い知ればいいとさえ思っていました。「さすがに今回はヤバイかもしれない」、そんなマイナスの想いがよぎる2ヶ月間を過ごして、最後の東京ドーム。いい縁に恵まれて、2日間とも入れることになりました、ありがとう。やっぱり東京ドームは何回入っても大きくてすごくて、まっすーがいつも言ってくれる「連れてきてくれてありがとう」という言葉を、毎年思い出しながら席に向かうのが恒例です。今回のオーラスは上手側の天井席で、初めてドームの壁を触りました(笑)まあ遠かったは遠かったけど、それは全然気にならなくて、それは、NEWSの力と、わたしの両隣にいてくれた2人のおかげだと思っています。笑顔も涙も共有できる2人とオーラスに入れたことが最高の思い出です。

そして、やっぱりどんなことを思ってても吹き飛ばしてくれるのがNEWSで、結局NEWSが大好きな気持ちしか残らないんですよね……。いつもより会場が1つになってる感じがして、歓声も大きくて、素直に感動しました。そして極め付けはUR not alone。東京1日目は初っ端からまっすーが泣いちゃって、しげもウルウルしてて、それを見兼ねてみんなでカバーして歌う姿を見て泣いてしまったのですが、オーラスは割と強い気持ちで見ていました。でも、「今までの超えた日々が僕らにはあるじゃないか」という歌詞で、6人が4人になった時、活動がなくて悔しくて泣いてた時、4人で復活した時、10周年で愛言葉を聴いた時、24時間テレビを走りきった時、4人がテレビで楽しそうに笑ってる時、いろんな場面の思い出が溢れてきて、気付いたら涙が止まりませんでした。 自分が思ってた以上に、苦しかったんだろうなと思います。でも、涙と一緒に負の感情も流してしまえるくらいに、素敵な時間でした。公演が終わった後のNEWSコールもすごくすごく大きくて、NEWSに声を届けようっていう気持ちをいっぱい感じて。あのときの一体感が、NEWSを応援してきてよかったと思える証です。そして、NEWSが出てきてくれたと思ったら、最愛の彼が泣いてるじゃないですか。あんなに泣いてるのは見たことないってくらい泣いてて、そんなてごちゃんを引っ張ってきたまっすーと、隣でニコニコしながら見守るしげちゃんと、つられて泣いてるけーちゃんと、それを見て泣いてるファンと。「これだよこれだよ!NEWSとファンはやっぱりこれだよ!」って思いながら泣いてたわたしも、そのファンの中の1人です。アンコールの間、鳴り止まない拍手とNEWSコール。東京ドームでこんなにも声が揃うものなのか。そして、どこからかUR not aloneを歌う声が聞こえてきて、これもまた揃う。それはもう、圧巻でした。言葉で表すことができないくらい、素晴らしい空間で、あれはあの場所にいた人にしかわからないものだと思います。「NEWSはこれで大丈夫!」そう強く思ったオーラスでした。たくさんの幸せをありがとう。15周年のNEWSも楽しみにしてます!!

終わったあといろんなツイートを見たけど、正直外野は黙ってほしい。あの空間にいた人にしかわからない感情が、外野にわかってたまるか。涙の理由なんて本人にしかわからないんだから、いちいちうるさいです。てごちゃんのスキャンダルなんて慣れてるし、LINEだってただの手越祐也だし、コネチケだってそりゃあ仕方ないと思うし、こっちはただのファンなんだから身の程を知れって感じです。コネチケに文句言える立場じゃないことくらいわかりませんかね。別に、てごちゃんが泣いてたから許したとか、あれは許せないとか、そういう低レベルの次元でNEWSを応援してるわけではないので。「NEWSは鎖国すれば」なんてツイート見たけど、正直そうしたいくらいです。人の畑を荒らさないで。お花畑のNEWS担で結構。大好きなNEWSを傷つけるなら、わたしは全力で守ります。NEWSのことを悪く言っている人は、土砂降りの日に傘を忘れる呪いにかかりますように。

 

あんなに素敵なステージを作れる4人が大好きで、キラキラ輝く彼らをずっと見ていられるなら、それだけで幸せです。改めて、4人なら絶対大丈夫だと確信したコンサートでした。来年はどんな世界観のコンサートが完成するのか、今から楽しみで仕方ない!!想像の数百倍上を行くNEWSに期待しかありません!!NEWSを応援できることが、ほんとうに幸せです。ずっとずっとついていきます。

 

最高で最強の「NEWS」の物語はまだまだ続く……!

 

ハイカースト集団と仲良くなる方法を考えてみた。01

 

最近は専ら、ジャニーズWESTさんのハイカーストぶりにひれ伏してる毎日です。どうも。24コンのチョエク前の映像を見ながら、

ジャニーズWEST、ハイカースト集団過ぎるよ〜〜〜〜むり〜〜〜〜!!!!!!!

てなかんじで頭を抱えております。なんかもう、かっこよすぎるし、住む世界違いすぎるし、絶対手なんて届かないし、どこを探したらあんなハイカースト集団に出会えるんですかね??ジャニーズWESTなにしてんの??

でも、1つ気付きました。

 

わたし、ハイカースト集団嫌いじゃん!!!!!??????

 

いや、ね???WESTは好きだけどさ??やっぱり、現実にあんなハイカースト集団いたら、イラっというか、モヤっというか、あーハイハイまたパリピね、みたいになるじゃん?(?)勝手に、ハイカースト集団と楽しい毎日を妄想してたけど、「いや待てよ?身の程を知れ?」って感じじゃん?(?)わたしの学部にはなかなかパリピみたいな人多くて、更に、スノボのサークルっていう典型的な大学生パリピウェイサークル(?)に1年半くらい入ってたから、割と身近にパリピがいるんですけどね( ◜◡◝ )その中に入っちゃえば楽しいんだけど、苦手なものは苦手。ということで(どういうこと)、どうしたらハイカースト集団ジャニーズWESTと仲良くなれるのか考えてみました(就活しろ)

 

設定的にはみんな同じ大学で、同じ学年です。よく大学構内とか食堂とかで見かける、見た目からしてウェイな7人を想像していただければ。もちろん彼らと仲良い人も基本的にパリピ。女の子も、女子力高くて髪の毛明るくてクルクルでメイクもバッチリで白レースに花柄スカートのザ・女子大生みたいなかんじ。あ〜〜〜〜なんか想像しただけで悔しくなってくる(負け組)

やっぱり、グループを牽引するハイカーストなパリピ感はツインが発してるじゃん??背は他の人に比べて低いけど群を抜いて奇抜な神山くんと、スタイルおばけでオシャレなパリピ濵田くんと、セレブリティー溢れる中間くんと、夏の海が似合いそうな爽やかパリピの桐山くんと、笑い声がうるさい重岡くん(しげちゃんごめんどうしてもパリピ感がない)、っていうのが勝手なイメージです。twitterのフォロワーも多くてさ?インスタもやっててさ?ほらいるよねこういうやつら。無理すぎ眩しい嫌い(?)

 

しかし、そんな状況に転機が訪れます(ここからが本題です)

たまたま同じ学部の桐山くん。同じ授業を取っていたらしく、グループワークで同じ班になる。内心(マジで話しかけてこないで…)って神に祈りながらグループワークが始まるんだけど、喋るのが上手い彼は、最初に自己紹介を提案してくる(コミュ力おばけあるある)。サラッと下の名前にちゃん付けで呼んでくるから、これがパリピの力か……と実感します。でもなんかあれ?笑うと可愛いな?てか関西弁なんだ?話すの上手いなあ、、あれ???なんか好感持てるぞ????どうした????

アウト。おそるべし桐山照史。なんだか話も盛り上がって?桐山くんもわたしのこと気に入ってくれたみたいで?それをきっかけに、なんとあのハイカースト集団の桐山くんと、仲良くなってしまいました。どうするわたし。結構ヤバいぞ。あんなに軽蔑してたのに。抜け駆けごめん………(?)

そんな桐山くんとの会話がコチラ。「桐山くん怖い人かと思ってた〜」『えっ!?なんでや〜俺なんかした?』「いや、別になんもないけど(笑)いつも一緒にいる人たち怖いから(笑)」『あ〜〜よく怖いって言われるわ』『いやでもな、ほんまただのアホ集団やで(笑)流星なんてこの前マスクしたまま水飲んでてんwどばーってこぼしてw』「え(笑)あの人そんなことするん?」『ただの天然やで(笑)』「そうなんだ〜意外…」『まあイケメンやもん天然には見えんよな〜』

 

 

 

いやいやいや!!!「そうなんだ〜」じゃねえよ!!!騙されるなわたし!!!あのハイカースト集団だぞ!!!どうせ裏ではあんなことやこんなことしてんだよ!!!

 

 

 

 

しかし、そのハイカースト集団とお近づきになる日は、もうすぐそこまで来ていたのだった………

 

 

つづく